災害について

津波とは

津波の概要

津波とは、海底で発生する地震に伴う海底地盤の隆起・沈降や、海底での地滑りなどにより、その周辺の海水が上下に動くことで発生します。発生した海水面の動き(上下動)が大規模なものである程、沿岸に到達すると破壊力の大きな大津波になります。

津波は押し波と引き波が長い時間続きます。
津波が沖合から海岸に向かって進行するものを押し波と言い、逆に津波が海岸から沖合に向かって進行するものを引き波と言います。

津波の始まり(第1波)が押し波か引き波かは、津波発生域での断層運動の向きや規模により異なります。また、津波が到達した場所周辺の海底地形によって変化することもあります。

先に引き波が来たときは、潮が異常に引くので普段は見えない海底が現れますが、それが津波によることを知らずに海岸に近寄ると、次にやってくる押し波にさらわれる恐れがあり大変危険です。

津波の心得
小さな揺れでも油断禁物です!

小さな揺れでも大津波の危険性はあります。

高い場所へ避難する

海岸から「より遠く」ではなく、「より高い所」へ避難しましょう。

津波のスピードは速い!

「注意報」や「警報」が出る前に来る津波もあるので、揺れを感じたら直ちに避難しましょう。

津波はくり返し来る!

津波は2回、3回と襲ってきます。波が落ち着くまでは注意が必要です。

引き潮がなくても注意!

震源付近の地形により、引き潮が起こらない津波もあります。

満潮の時は要注意!

水位が高くなっているので、被害が大きくなります。

正確な情報を聞く

防災行政無線放送やテレビ、ラジオなどで正しい情報を聞きましょう。

河川には近づかない

津波は河川をさかのぼってきます。河川には絶対に近づかないようにしましょう。

海岸には近づかない

注意報や警報が解除されるまでは海辺には絶対に近づかないようにしましょう。

海上では

船舶は無線などの情報で直ちに行動しましょう。

津波についての関連動画はこちら

スマートフォンサイトのご案内

詳しくはこちら

関連リンク

国土交通省 災害情報

他言語医療機関一覧 -仙台国際交流協会-

↑このページの先頭に戻る
Copyright(c) 仙台・松島地域対象 「自然災害への備えと心得」について All Rights Reserved.