災害について

台風とは

台風の概要

台風は、発生から消滅までを大きく分けて4つの時期に分類することができます。
発生期・発達期・最盛期・衰弱期の4つです。

毎年、日本に接近もしくは上陸したりする台風は、最盛期から衰弱期の台風です。
台風はまず熱帯の海面水温が27℃以上の海上で、積乱雲が発生することで産まれます。
この積乱雲がいくつかまとまると熱帯低気圧となります。
この時期を発生期と言います。

次に中心気圧が下がって、域内の最大風速が秒速17m/秒以上の台風となります。
台風はおおよそ西に向かって進みます。この時期を発達期と言います。
そして台風はだんだんと勢力を強めながら最盛期に入ります。
この時期に台風は最も勢力を強め、太平洋高気圧の周辺を吹く風に沿うように進み、およそ北緯25度付近で向きを北から北東に変え、速度を上げながら日本列島に接近します。

そしてこの強い台風のまま日本列島に上陸することもあります。
このような時には、台風の経路上及びその周辺に甚大な被害をもたらします。
あるいは風力が弱まると熱帯低気圧に変化します。

そして北日本の近海で、台風の中心に寒気が流れこむことにより前線ができ温帯低気圧に変化します。
これが衰弱期ですが、温帯低気圧がさらに発達することもあるので油断はできません。

台風についての関連動画はこちら

スマートフォンサイトのご案内

詳しくはこちら

関連リンク

国土交通省 災害情報

他言語医療機関一覧 -仙台国際交流協会-

↑このページの先頭に戻る
Copyright(c) 仙台・松島地域対象 「自然災害への備えと心得」について All Rights Reserved.